うだつの上がる町「美濃市」

先週半ば、所用があり、隣町の 「うだつが上がる美濃市」 へ行くことに。 美濃市は我が家から車で15分。 先日訪ねた高山市の街並みも素敵だと思いますが、私には美濃市はそれ以上に素敵な所と決めています。 理由は観光地化されて無く、素朴な街だからです。 この街の特産「美濃和紙」はあまりにも有名で2014年には「日本の手漉(てすき)和紙技術」を無形文化遺産に登録されていますし、国の伝統的…

続きを読む

KAIグループ 第14回文化事業コンサート

7月22日(土 開演17:30)、KAIグループ 第14回文化事業コンサートを関市文化会館 大ホールへ聴きに行って来ました。 KAIグループとは、日本最大の刃物の街、岐阜県関市で生まれた100年の歴史を持つ貝印株式会社(さん)のことです。 関係者のみのコンサートなのでチケットは一般発売はしておらず、関女声合唱団もご招待を受けた次第です。 タイトルは「和洋伝心」 ゲストは藤山 道山(…

続きを読む

夏野菜、最盛期です♪

暑中お見舞い申し上げます! 梅雨明けと同時に蝉しぐれの音がやかましいほど耳に突きます。 でも、この鳴き声は朝の内だけです。 さて、裏庭の小さな畑、収穫の最盛期となっています。収穫だなんて偉そうに(笑) 本格的に畑を作られてる方には笑われてしまいそうな、8畳分ほどの広さなんです。 今年一番頑張ってる野菜はキュウリと茄子でしょうか。 トマトとインゲンマメは、まぁまぁの出来。(…

続きを読む

高山市上三之町をぶらり。。

ひだ清見ラベンダー園を後に、高山市上三之町を散策します。 市営駐車場に車を置いて食事処を探したのですが、飛騨牛を食べさせるお店は殆どが火曜定休。 何しろ暑い暑い! 早くしないと熱中症にかかりそう。 このようなオブジェのある通りを歩き、お蕎麦屋さんを探します。 やっと見つけた町の外れのお蕎麦屋(ながせ)さんに入り、冷やしおろし掛け蕎麦を注文します。 シンプルだけどコ…

続きを読む

ひだ清見ラベンダー園へ

蒸し暑いさ中、見ごろとなった「ひだ清見ラベンダー園(岐阜県高山市)」を訪ねることに。 行程は東海北陸自動車道を「清見IC」で降り、そこからは一般道を走り1時間20分ほどで到着です。 7月8(土)~9日(日)まではラベンダーフェアが開催されていたようですが、敢えてその日を外し昨日火曜日に。 ラベンダー園の横、「ウッドフォーラム飛騨」の駐車場に車を置いて、小高い丘を上がります。 約2…

続きを読む

暑さが続きます。。

お暑うございます! (すみません、両生類の嫌いな方はスルーしてくださいね。)毎年この時期になると、何処からともなく現れるトノサマガエル。 メダカの水盤に我が物顔で住み着いています。 こちらでは真夏の太陽がギラギラ照りつけているのに、九州北部に降った豪雨のため大きな被害が出ています。 毎年毎年、何処かで大きな被害をもたらしている集中豪雨。とても他人事とは思えませんね。 こ…

続きを読む

月下美人

今年も月花美人の花が咲きました。 と言っても、今年はたった一輪だけです。しかし、とても大きな花です。 この花は友人から頂いたもので、その旨を話したら「大丈夫!年に3回咲くこともあるから。。」と慰めてくれました。 夜8時ごろから開花し、美しい姿を見せてくれました。 辺り一面甘く上品な香りも放っています。 後ろ姿も優美です。 翌朝の姿は・・・美人薄命。。 …

続きを読む

初夏の味覚 「朴葉寿司」

夏至も過ぎてしまい、これからは徐々に日が短くなっていきますね。 やはり日は長い方が心にゆとりが出来、得した気分になれます。 6月になると朴葉寿司を作らなきゃ!と心が流行り、今年も作りました。 今年は2回も作りましたよ。 朴葉寿司発祥の地は岐阜県。 特に飛騨地方と東濃、そして私が住んでいる中濃地方を中心に最も盛んに作られています。 香りの良い朴の葉で寿司を包みます。 朴葉…

続きを読む

第57回岐阜県合唱祭から。。

6月11日(日)、岐阜県多治見市「バロー文化センター」で開催された、第57回岐阜県合唱祭に参加しました。 A・B・Cの3ブロック(51団体)に分かれての演奏で、私たち関女声合唱団はBブロック 28番目の出演です。 午前中に別会場で30分の練習、午後3時前の本番に挑みます。 曲目は中島みゆき(詩・曲)の「糸」とさだまさし(詩・曲)の”鶴瓶の家族に乾杯”テーマソング「Birthday」の2…

続きを読む

岐阜県百年公園の花菖蒲

我が街関市の百年公園に花菖蒲を見に行って来ました。 家から車で15分強で行けてしまいます。 6月17日(土)~6月18日(日)は花菖蒲まつりが開催されるとのことで、初日の17日(土)に出かけることに。 混雑してることを予測して行ったのですが、駐車場も園内も空いています。 百年公園の名前の由来は… 昭和46年に迎えた置県百年を記念して建設された公園.。 100haの園内には…

続きを読む

春の小旅行 ③

ホテルをゆっくりチェックアウトし、2日目は蒲郡ラグーナテンボスへと向かいます。 ラグーナテンボスは三河湾に面する複合リゾート施設。 ラグナシア、ラグーナマリーナ、ラグーナフェスティバルマーケット、ラグーナの湯などの施設からなる。 キャッチフレーズは「夢」「あこがれ」「きらめくシーサイド」。 私たちが訪ねた日は平日でもあることから、園内はガラーンとしていました。 生憎、「ラグーナ…

続きを読む

梅雨の中休み、庭の花たち。。

こちらは爽やかな晴天続きの毎日です。 最低気温と最高気温の差が10℃もあるようです。飛騨高山では温度差が20℃とか? 体調管理に気を付けて過ごしたいものです。。 春の小旅行の続きはまだ編集中ですので、庭に咲いている紫陽花と他の花たちを少し載せてみますね。 ヤマアジサイ 「紅」 愕が薄いピンクから真っ赤に変化しました。 これもヤマアジサイです。 アイヒ…

続きを読む

春の小旅行 ②

今日は春の小旅行の続きです。 大樹寺を訪ねた後、JR岡崎駅までは路線バスで。そこから東海道本線の快速に乗りJR蒲郡駅まで。 私が前々から宿泊したかった蒲郡クラッシックホテルへはタクシー5分ほど。 他のホテルもネットで検索してみましたが、やはり歴史あるこのホテルがよさそうだと思い、みなさんに伺うと快く賛同してくれました。 午後6時からの食事ですが、かなりお腹が空いてました(笑)…

続きを読む

春の小旅行

名古屋地方気象台は東海地方が昨日(6月7日)梅雨入りしたとみられると発表しました。 気温はそれほど高くないのですが、蒸しっと感じますね。 良い塩梅で過ごせる梅雨ならいいなぁ、、と思います。。 5月31日(水)~6月1日(木)、20年来の友人たちと愛知県岡崎~蒲郡まで出かけて来ました。 第一目的は「蒲郡ラグーナテンボス(花巡り)」に行ってみたかったことなんですが、仲間の一人に岡崎通…

続きを読む

花フェスタ記念公園「春のバラまつり」(21017.5.27) ④

ここからは、ロイヤルローズガーデン、ホワイトローズガーデンなどの様子をご紹介します。 バラのテーマガーデンを最も美しく見渡せる展望デッキです。 通路「バラのベルベデーレ」 展望デッキ「バラのベルべデーレ」から写します。 改めて観ると、やっぱり広大な薔薇園ですね。 展望デッキから降りて、ロイヤルローズガーデンを観て歩きます。 日本の皇室や英国の王室を中心に、各…

続きを読む

花フェスタ記念公園「春のバラまつり」 (2017.5.27) ③

ここからは、花の地球館(大温室)に咲いている花たちをご紹介します。 ← アロプレクツス・カピタツス(イワタバコ科 (左)) 南米ペルー原産の常緑多年草。 赤いのは萼片で黄色が花です。 ブログのお仲間、ekoさんから教えていただきました。                           ぺロペロネ(…

続きを読む

花フェスタ記念公園「春のバラまつり」(2017・5・27) ②

ここからはターシャの庭~花のタワー辺りをご紹介します。 「ターシャの庭」・・・ボランティアグループの皆さんが、管理運営されています。 アメリカの人気絵本作家でガーデナーでもあったターシャ・テューダーさんに憧れて作った庭。 そんな彼女の愛する庭を和風に再現したものが、この「日本版ターシャの庭」です。 自然流でとても良いのですが、ここ数年、草花が生え放題。ワタシ的にはもう少し手入…

続きを読む

花フェスタ記念公園「春のバラまつり」(2017.5.27)

先週末の5月27日(土)、岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園バラ祭り」に行って来ました。 前日、前々日と雨続き。 爽やかに晴れたので、行くのならこの日しかない!ということで。。 9:00開園と思いきや、土日は8:00開園だそう。 急ぎましたよ(笑) 9時前には到着しましたが、すでに西ゲート近くの駐車場は満車。そこそこ近場に停めることが出来ました。 この花フェスタ記…

続きを読む

飛水峡

Kさんのお宅を後にし、飛騨川の岐阜県加茂郡白川町~七宗町に渡る約12kmの峡谷「飛水峡」へと向かいました。 長年の濁流により川の岩盤には、甌穴と呼ばれる円形状の穴が数多く見られます。 その甌穴群と飛騨川により深く削り取られた景観は、1961年「飛水峡の甌穴群」として国の天然記念物に指定されました。 飛騨川の中では最もダイナミックで神秘的な峡谷と言われています。 その景観をカ…

続きを読む

クリンソウを見に。。

昨日、岐阜県加茂郡七宗町神淵(ひちそうちょう かぶち)の個人宅に咲くクリンソウが見ごろを迎えたと地方紙に紹介されてたので、訪ねて来ました。 その数約5,000株。深紅、紅紫、ピンク、白などの花が初夏の日差しを浴びて可憐な姿を見せてくれます。 クリンソウは山間部の湿地に生育するサクラソウ科の多年草で、茎を囲むように付いた花が、下から順に数段に重なって咲いていきます。 クリンソウを育て…

続きを読む