春を感じて。。

昨日 2月10日は上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、各地で氷点下の冷え込みとなり、岐阜市では初雪を観測しました。 最低気温も-2.2℃でしたが、85年ぶりの最も遅い初雪だったそうです。 幸い積もるまでには及びませんでしたが、とても寒い1日でした。 今日は打って変わって春を感じる暖かさ。 所用を済ませた後「ぎふ清流 里山公園」で、菜の花畑の写真を撮ってきました。 入場門を入ると「…

続きを読む

お天気、スッキリしませんね!

先日、少しだけ涼しさを覚えましたが、また蒸し暑さが戻ってきました。 昨日までは雨。何時になったらスッキリ晴れるのでしょう?? ここ数年、四季のメリハリが無いように感じます。 明日からは9月。 今日は晴れ間も見れたので、カメラぶら下げて、ちょっと外へ。。 我が家から1,5kmほど離れた長良川鉄道を撮ってきました。 田んぼの畦道に車を停めて撮っただけです。 {%左矢印w…

続きを読む

しゃくなげ園へ ②

ここからはシャクナゲの数々を載せてみます。 ここで気になるのは、日本シャクナゲと西洋シャクナゲの違いです。 日本シャクナゲ…花はあまり華美では無く、葉の形はスーッと長く、裏が毛羽立っているのが特徴。 西洋シャクナゲ…花色や花形、葉の形が多岐にわたり、非常に豪華な花を咲かせ、葉の裏がツルツルしているのが特徴。 栽培しているAさんが教えてくださいましたが、ちょっと見ただけでは私…

続きを読む

しゃくなげ園へ

先週末、岐阜県美濃加茂市 三和町の見ごろとなった「しゃくなげ園」を訪ねました。 その数、何と!1400本。 ピンクや深紅、白、黄色などの大輪が次々と開花し、新緑の風景を華やかに彩っています。 このシャクナゲを育てている方はAさん(78歳 男性)。18年前に山裾の竹やぶを切り開き整備。 全国各地から和洋のシャクナゲを地植えや鉢植えで育て、毎年150本ほどを接ぎ木して増やしているとか。 …

続きを読む

最後の桜

今年のソメイヨシノは、開花宣言から随分長く楽しめました。 4月12日(水)、わが街関市、道の駅「平成」へ、乾燥椎茸を買い求めに行って来ました。 平成地区は椎茸栽培と柚子の産地で有名なところです。 この乾燥椎茸(170g)、市価より30%ほどお安く2,000円です。それに肉厚ですし。 乾燥椎茸は色々な料理に使います。 野菜の煮しめ、散らし寿司、そして今の時期山椒が芽吹…

続きを読む

今年も「淡墨桜」に逢って来ました~♪

一昨日(4月13日)の寒い朝、岐阜県本巣市根尾谷の「淡墨桜」に逢いに行って来ました。 ここも毎年恒例となっていて、淡墨桜を見ないことには春は始まらない気がします。 淡墨桜は樹齢1500余年のエドヒガンザクラ。 樹高16.3m、幹回り9.91m。枝張りは東西に26.90m、南北20.20m。国の天然記念物に指定されています。 幾多の枯死かけた困難を乗り越えた「淡墨桜」、昨年と比…

続きを読む

国宝「犬山城」 ②

さてさて、最上階の天守閣(4階)まで上りますが、何しろ人が多い! 急な階段も怖いような。。 「もし、ここで人が転んだら、将棋倒しになるだろうなぁ。。」などど思いつつ、手摺りにつかまりながら慎重にゆっくり進みます。 天守閣からの写真、ご覧ください。 天守閣は廻り縁(縁側)があり、ぐるりと周囲を歩くことが出来ます。 鉄門(本丸門) とうとうと流れる木曽川 往時の…

続きを読む

国宝「犬山城」

桜日和となった一昨日、愛知県犬山市にある国宝「犬山城」の桜を見に行って来ました。 訪れるのは何十年ぶりでしょうか。 ここも我が家から車で30分で行ける距離です。 国宝犬山城は「白帝城」とも言われます。 犬山城は織田信長の叔父織田信庫が天文6年(1537)に木之本城を移して築城したと伝えられています。 のちの江戸時代初期に掛けて城主はめまぐるしく入れ替わります。 元和3年(16…

続きを読む

鳩吹山のカタクリ群生地へ

岐阜地方の昨日は気温が20℃まで上昇し、ポカポカ陽気となりました。 毎年恒例、岐阜県可児市の鳩吹山(標高313m)山麓に咲くカタクリ群生地を訪ねました。 毎日HPを眺めつつ、行くのなら今日しかない!ということで。。 開花しているのは約80%といったところでしょうか。 駐車場に車を停め、10分ほど歩きます。 鳩吹山は気軽に登山を楽しめることもあり、その多くの姿も見かけまし…

続きを読む

春告鳥、メジロがやって来ました!

毎年この時季、友人のご実家(愛媛県松山市)から柑橘類「はるみ」を5k注文します。 私たちばかり美味しい思いをしてては野鳥が可哀想。庭先に少しだけ置いてやります。 先週金曜日、雪が舞う寒い午後のことです。 ヒヨドリがやって来たと思いきや!何処からか2羽のメジロが飛んで来たのです。 チッチッと鳴き声はしても、こんなに間近で見れたのは初めてです。 リビングから窓越しに写し…

続きを読む

中池公園散策

今朝は氷点下3℃と、かなり冷え込みましたが、日中は10℃まで上がり、どこか暖かさを感じました。 午後から近場の中池公園を歩いてみました。 例年の如く冬鳥が飛来してるのですが、今季はいつもより少ない数。 どうしてかな?と不思議に思います。 池で飼われているコブハクチョウ 今日は数羽しか見当たりません。 只今、お食事中 市民の方が…

続きを読む

寒中お見舞い申し上げます!

今朝起きてみると、昨日より多くの雪が積もっていました。 昨日は5㎝ほどでしたが、今日はそれより多く7㎝ほどでしょうか。 冬の風物詩といえばそうなのでしょうが、雪の後の凍てついた道路はよほど注意して車を走行しなければなりません。 もちろん、滑らないように歩くことも大事ですね。 でも、この程度の雪は慣れていますよ!(笑) ウバメガシの木も寒そうです。(今朝 9時半ごろ撮影)…

続きを読む

川浦渓谷の紅葉

昨日、関市板取川(いたどりがわ)上流、「川浦渓谷(かおれけいこく)まで、紅葉を見に行くことが出来ました。 今年初めての紅葉狩りです。 関市北部の板取川は長良川の支流で、夏ともなると、涼を求める家族連れやアユ釣り人でにぎわいます。 初夏訪ねた「モネの池」は素通り。 池に向かう観光客は相変わらず多く、かなりの混雑ぶりでした。 モネの池を過ぎた「小瀬見橋」…

続きを読む

あや、七五三を済ませました。

あや家族は11月3日(木)から我が家に滞在し、昨日5日(土)、岐阜の護国神社にて七五三を無事済ませました。 と言っても、風邪気味のあやは元気が無く、何処かだるそうな感じ。。 可愛い晴れ着を着せてもらっても、ずっとパパに抱っこ。一人で歩こうとはしません。 神主さんにご祈祷されてる時もずっと抱かれて、いつものはしゃぐ姿は見受けられません。 30分のご祈祷を終え、社殿の外で写真撮影…

続きを読む

アーティフィシャルフラワーなどなど。。

今月も東白川まで「アーティフィシャルフラワー教室」に行って来ました。 山々の景色は薄っすら色づいており、来週あたり、紅葉が見ごろになるかもしれません。 そんな会話をしながら、国道を1時間車を走らせます。 今回は友人に乗せてもらうことに。。 友人は運転大好きな人なので、時速80kは出ていましたよ(笑)。スゴイ!! 教えていただいたのは12センチのトレイ台の中に小花のミニリース…

続きを読む

愛媛県松山の旅 ④

3日目の朝はゆっくり起床。 外は雲行きが怪しく、ポツリポツリ雨が落ちて来ています。 旅最終の行程は「石手寺」巡りと「道後温泉本館」に浸かり、最終便のフライトまでのんびり過ごします。 もちろん、途中、喫茶店でのティータイムは欠かせません(笑) ホテルのレストランから松山城を写す。 まずは石手寺を訪ねます。 石手寺は四国八十八箇所霊場の第五十一番札所。 日本最古といわれ…

続きを読む

愛媛県松山の旅 ③

高速艇で15分ほど、中島の対岸「怒和島(ぬわじま)」まで、友人のご実家を訪ねることに。 怒和島の人口は409人、世帯数は200戸ほど。 島をぐるっと回っても7キロほど。信号もありません。 そんな長閑な島の路地を入って行くとご実家はあります。 歩いていると磯の香りが漂って来ます。 ご実家には友人の母上(96歳)、友人の兄上夫婦、ご長男夫婦とそのお子さんの4世代7人で生活してら…

続きを読む

愛媛県松山の旅 ②

初日の最終行程は、友人の姪御さんが営む民宿へ高浜港(16:05分発)~中島へと、フェリーで1時間ほど乗船します。 高速艇もあるのですが、せっかくならゆったり行きましょう!と。。 フェリーから望む長閑な瀬戸内海を写してきましたので、ご覧ください。 瀬戸内海は美しい海と大小無数の島々によって構成され、織りなす見事な景観は日本を代表する景色の一つのようです。 高速艇が行きます。…

続きを読む

愛媛県松山の旅

9月27日(火)~29日(木)まで、愛媛県松山市を訪ねました。 同行者は私も含め5人。 その内のお一人が松山の出身です。 今回は、その友人の姪御さんが営む民宿と友人のご実家を訪ねる旅。 私の松山訪問は今回で5回目。 夫の退職記念にもここを訪ねたことがあり、「おかあさんコーラス全国大会」にも出場したこともあり、松山の想い出は感慨深いものがあります。 中部国際空港8時20分のフライ…

続きを読む

ゆきあいの空

台風一過の空を見上げてみると、「ゆきあいの空」を発見! 夏の代名詞の「入道雲」と、秋の空を彩る「すじ雲」や「うろこ雲」が、この時季同時に現れる様を言います。 澄んだ青空は、秋の気配。 「ゆきあいの空」は、過ぎ行く夏と、来る秋が行き合う空なのです。 モズが「キィーキィー」と高鳴きをしています。 合唱団では、11月3日(木)の県女声コーラス連…

続きを読む

アーティフィシャルフラワー教室in東白川

台風10号の上陸により、岩手や北海道に甚大な被害が起きてしまいました。 被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。 さて、昨日8月31日、アーティフィシャルフラワー教室へお稽古に行って来ました。 ここ数日ちょっぴり涼しさを覚える日が続きますが、教室のある道の駅 「茶の里東白川」はもっと涼しく、とても気持ちが良かったです。 今回は薔薇と瑠璃玉アザミ、紫陽花、葡萄の…

続きを読む

残暑お見舞い申し上げます!

久々のブログ更新です。 皆さまの所にもお邪魔できず、申し訳ありませんでした! あや家族は8月11日未明からやって来て、中2日間はワンワンおばあちゃんの所へと。 残りはわがニャンニャンおばあちゃんの所へお泊りしてくれました。 8月15日に関市富之保の「八滝ウッディランド」へ家族みんなで行って来ました。 我が家から車で約40分の山と川に囲まれた自然豊かな遊び場です。 芝生大広場有…

続きを読む

神戸の旅 ④

次に向かった先は「風見鶏の館」のお隣にある「萌黄の館」を見学します。 明治36年(1903)にアメリカ総領事 ハンター・シャープ氏の邸宅として建築されました。 木造2階建て、2つの異なった張り出し窓を始め、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピースなど、贅沢な意匠が随所に見られます。 その後、昭和19年(1944)に小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅となる。 昭和55年(1…

続きを読む

神戸の旅 ③

神戸の旅2日目は、北野異人館へ行きます。 前日は洋・中華料理が主だったので、ホテルの朝食は全員和食を注文します。 京料理 「たん熊」の和定食 お粥・焼き魚・野菜煮付け・切り干し大根・ちりめん山椒など、品の良いお料理でした。 ホテルをゆっくり出発し、異人館まではやはりタクシーで。 季節の良い時なら徒歩15分ほどで行くことが出来るのですが、この日も暑くなりそうです。{%晴れwe…

続きを読む

神戸の旅 ②

ここからは「布引ハーブガーデン」の庭の様子です。 <ローズシンフォニーガーデン> イングリッシュローズをメインに、約60種の薔薇を楽しむことが出来ます。 私たちが行った時も、かなりたくさん咲き誇っていましたよ。 淡いピンクの薔薇(右)は、とても素敵な色でした。 友人の一人も、この色がお気に入りのよう。。 …

続きを読む

神戸の旅

7月6日~7月7日まで、20年来の友人たち5人と神戸へ行って来ました。 海の無い県に住む私たち、誰からともなく「そうだ!神戸に行こう!」と、意見が一致(笑) お昼ごろに神戸に着くよう家を出ましたが、岐阜羽島までの新幹線乗り場までは友人のお嬢さんが送って下さり、本当に助かりました。 昼食を新神戸駅で摂り、宿泊するホテルで荷物を預かってもらい、まず向かった先はホテルからほど近い「神戸布…

続きを読む

「みたけの森」のササユリ

昨日、岐阜県御嵩町(みたけちょう)にある、「みたけの森」のササユリを見に行って来ました。 所在地は「花フェスタ記念公園」にほど近い丘陵地(約70ha)にあります。 「毎年行こう!」とは思うのですが、なかなかそうも行かず。。 昨日は湿度20%以下、雲一つない抜けるような青空!思い切って午後から出かけることに。。 自分一人でも行けないことは無いのですが、夫と一緒に。 公園と…

続きを読む

日常の生活に戻りました。

あや、風邪もそれほど心配することも無く、一日遅れの4月30日(土)に元気よくやって来ました。 翌日、パパ(長男)がどうしても行きたかった福井県大野市にある「鳩ケ湯温泉」まで、みんなで出かけました。 長男は根っからの温泉好きなのです(笑) 目的地までは2時間半の行程。 東海北陸自動車道 白鳥インターから九頭竜湖(くずりゅうこ)を抜け、大野市に入ります。 九頭竜湖・・・高さ…

続きを読む

淡墨桜~旧谷汲駅へ

淡墨桜を堪能したあと、旧谷汲(たにぐみ)駅へ向かいました。 2001年10月に廃線となった名鉄谷汲線、谷汲駅ホーム部分はそのまま記念館となり2両の電車が保存されています。 駅舎 岐阜県揖斐郡大野町「黒野駅」から「谷汲駅」までを結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線です。 …

続きを読む

岐阜県可児市 「鳩吹山(はとふきやま)」のカタクリと桜の吊るし飾り。

今年も、岐阜県可児市鳩吹山(標高313m)、山麓に咲き誇る春の妖精、カタクリの花を見に行って来ました。 例年より一週間ほど早く咲くとのことで、急ぎました。 未だ7分咲きのようでしたが、満開時よりも花形が美しく、シャン!として咲いていました。 行った日は北風が強く寒い日でしたが、健気に咲くカタクリを見てると元気がもらえます! (撮影日 3月24日) 左手の山の斜面…

続きを読む