木曽路「妻籠宿」を訪ねて。。②

妻籠宿の街並みは約1kmほど。 そぞろ歩くには程よい距離です。 前日、就寝する前に写真愛好家の友人から「妻籠宿に行くなら、ぜひ「脇本陣奥谷」を訪ねると良いよ!素敵な光景が見られるから。。」とラインが入り、早速行ってみました。 脇本陣奥谷(わきほんじん おくや)は代々脇本陣・問屋を勤めた家で、現在の建物は明治10年にそれまで禁制であった桧をふんだんに使い建てられました。 現在は…

続きを読む

木曽路「妻籠宿」を訪ねて。。

20年来の友人たち5人と長野県南木曽(なぎそ)町の「妻籠宿(つまごじゅく)」を訪ねました。 10月末にこの話がまとまり、早速ホテルを予約することになったのですが、この時期はまさに行楽シーズンで、どこの旅行会社も満員! たった2部屋だけ空いていた宿をJTBで予約することが出来ました。 それぞれ路線が違う人との旅なので、待ち合わせは名古屋駅近くの「ナナちゃん人形」前と「高島屋の金時計」前。…

続きを読む

開国歴史のまち 伊豆・下田温泉へ ②

翌日(10月29日(木))はペリー上陸記念碑~了仙寺~下田開国博物館~ジュエルピア(象牙と石の彫刻美術館)~伊豆の国パノラマパークを観光します。 まずは、ペリー上陸記念碑へ向かいます。。 下田内港に建つ「マシュー・カルブレス・ペリー」の胸像 これは、ペリー一行の来航を記念して建てられました。 ペリーは1794年のアメリカ生まれ、アメリカ海軍の東インド艦隊司令長官として、鎖…

続きを読む

開国歴史のまち 伊豆・下田温泉へ。 

10月28日(水)~29日(木)に掛けて、コーラス仲間6人(現旧 執行部役員)と、秋旅に出かけて来ました。 行き先は伊豆・下田温泉へ、岐阜バスツアーです。 伊豆方面へは私もみなさんも久しく行ってないし、ちょうどコーラス練習日も逸れてるし、即決です(笑) 東海環状~東名高速沼津IC~伊豆方面へ向かいます。 まず向かったところは、「三島わさび工場」見学とお買いもの。 とびっ…

続きを読む

長良川鉄道 「お座敷鮎料理列車」

先週金曜日、吊るし雛教室の皆さん(私も含めて6人)と、長良川鉄道の「お座敷鮎料理列車」に乗り、鮎を堪能して来ました。 12:20分発の臨時列車に乗るため、早めに家を出て「関駅」駐車場に車を停め、乗り込みます。 たった一両の超ローカル線。この列車に事前予約した30名が乗り込み、一路「郡上八幡駅」まで一時間の旅です。 平素は朝夕の通勤通学時間帯以外は、一時間に一本の運行。 何…

続きを読む

南国「種子島の旅」 ⑥

UPが遅れてしまいましたが、種子島の旅も最終日を迎えることに。 港まで送りに来てくれた友人とお義姉さんに別れを告げ、鹿児島港までは高速船で1時間半。 港には「おじゃりもうせ 種子島へ」という看板が目に付きました。 「おじゃりもうせ」とは種子島の方言、「いらっしゃいませ」という意味なのです。 鹿児島に着いた途端、ジリジリと照りつける太陽が肌を刺します。 何しろ暑い…

続きを読む

南国「種子島」の旅 ⑤ 千座(ちくら)の岩屋

ここからの画像は「千座の岩屋」です。 名前の由来・・・  種子島の東海岸は太平洋の荒波に洗われて出来た海蝕岩が見られます。  波に浸食された奇岩が広がる浜田海浜一帯にある「千座の岩屋」は、種子島唯一の海蝕洞窟になっています。  干潮時には洞窟の中に入ることが出来、千人もの人が座れる広さからそう呼ばれることになったそうです。 海岸端に車を停めて少し歩くと、「千座の岩屋」外観が…

続きを読む

南国「種子島」の旅 ④宇宙センターⅡ

施設案内ツアーの大型バスに乗り、専任ガイドさん(女性)2人の案内で施設を巡ります。 初めに向かった場所は「ロケットの丘展望所」です。 ここから大型ロケット発射場(鉄塔のある所)が一望出来ます。 ここではロケットの組み立てから、点検・整備・打ち上げまでを実施されるようです。 国際宇宙ステーションに物資を届ける日本の宇宙輸送船「こうのとり」5号機は昨日、8月16日(日)に打ち上げられ…

続きを読む

南国「種子島」の旅 ③宇宙センター

門倉岬からの大パノラマを堪能した後、途中お弁当を買って、いよいよ「宇宙センター」を目指します。 まずはセンター内の「宇宙科学技術館」受付にて、施設案内ツアーの申し込みをします。 このツアーは 1便11:00~12:15  2便13:30~14:45  3便15:30~16:45があり、運よく私たちは2便目の13:30~のツアーに間に合い、参加することにしました。 簡単な手続きをすれば、…

続きを読む

南国「種子島」の旅 ②

2日目の夕飯は、友人の弟さん宅庭でBBQです。 炭を起こし、わたしたちが着くのを待っててくださいました。 ご迷惑を掛けない様、お肉類や野菜は持って行ったのですが、それでも色々なものを用意されて、おもてなしを受けました。 母上、ご兄弟、私たち、合わせて12名の賑やかな宴です。 1年ぶりに会う母上は娘(友人)を気遣い、会話も弾んでいたようです。 途中…

続きを読む

南国「種子島」の旅。

お待たせしました!! 7月29日(水)~8月1日(土)まで出かけていた所は鹿児島県の種子島でした。 前ページでは皆さんから「淡路島?沖縄?宮崎?」などなどと、お答を頂きましたが、実は種子島へ行って来たのです。 なぜ、そんな所に?と、お思いでしょうが、吊るし雛仲間のお一人が種子島出身で、夏の間1ヶ月は毎年里帰りするということで、私も含めて5人でお邪魔させていただきました。 …

続きを読む

最近のコーラス。

私たち関女声合唱団、いつもなら「おかあさんコーラス中部支部大会」に出場するのですが、今年は団員にアンケートを取った結果、欠場しました。 今年の中部大会は長野県松本市で開催され、3時間の行程がきつい!という理由です。 それだけみなさん年齢を重ね過ぎたということでしょうか。 ただ、毎年出場して来たので、私としては一抹の寂しさも少しはありました。 目標があると人は頑張るものです! そ…

続きを読む

北の大地 北海道! ⑧ (紫竹ガーデン②)

ここからは、紫竹ガーデンの続きです。 睡蓮池 大きな木は「白樺」 少し暑いけど、木陰は爽やか~♪ 御年87歳の「紫竹昭葉」さん。 毎日の日課は広い庭を散策され、お客様とお喋りすることだそうです。 いつまでもお元気で! 3日目の旅も終了! この日の宿は「十勝川第一ホテル」…

続きを読む

北の大地 北海道!⑦ (紫竹ガーデン)

いよいよ最終目的地、「紫竹ガーデン」に向かいます。 「紫竹ガーデン」の広さは、およそ18,000坪。 この広大な敷地で約2,500種類以上の花々が季節ごとの美しさを見せてくれます。 ガーデンのオーナーは「紫竹昭葉(しちく あきよ)さん、87歳。 平成4年、紫竹さん63歳の時、帯広郊外の牧草地を購入し、フラワーガーデンを始める。 全国各地から観光客が増え、人気が人気を呼んで、…

続きを読む

北の大地 北海道! ⑥ (六花の森)

旅3日目、いよいよ終盤に近づいてきました。 3日目は、「六花の森」と「紫竹ガーデン」に向かいます。 その前にちょっと寄り道!  「柳月」 というお菓子メーカー本社工場へと急ぎます。 お目当ては、バウムクーヘン”三方六(さんぽうろく)”の切れ端を買いに並びます。(プレーン味、大きな切れ端 4枚 470円) 9時オープンですが、その前に並ばなければ売り切れてしまいます。 並んだ…

続きを読む

北の大地 北海道! ⑤ (幸福駅)

今回、もう1ヶ所訪ねてみたかったところは「幸福駅」。 以前、帯広に滞在していた友人が快く案内してくれました。 「愛の国から幸福へ」で名を馳せた「幸福駅」 絶大な人気を誇り帯広を代表する観光スポットですが、建設からすでに57年が経ち、建物の耐震補強を行うことさえ困難なほど老朽化が進んでいました。 そこで、訪れる人の安全の確保と更なる魅力アップを図るため、平成25年11月16日、「古…

続きを読む

北の大地 北海道!③ (青い池)

ここからは美瑛の「青い池」をご紹介します。 どれも同じような写真ですが、感動が大きかったので少し載せてみます。 青い池が出来た理由・・・ それは、昭和63年12月に十勝岳の噴火に伴い、火山災害から町を守るため、火山泥流を貯め施設としてコンクリートブロックのえん堤を建設しました。 工事は平成元年6月に着工され、同年の12月に完成しましたが、その結果えん堤に水が溜まり、青い池ができ…

続きを読む

北の大地、北海道!②

旅2日目、どうしても行きたかった美瑛「青い池」を目指します。 早めの朝食を取り、7時半ごろホテルを出ます。 多少ひんやりするものの、寒さはそれほど感じません。念のため、薄手のパーカーを手にして出かけます。 ホテルから約90k走った時点で、トイレ休憩することに。。 道の駅 「南ふらの」です。 90kも走ったとは思えないほど早く着いてしまいました。 ここは、日本で「道の駅…

続きを読む

北の大地 北海道!

6月16日(火)~19日(金)まで、北海道を旅しました。 行き先は富良野・美瑛・十勝を巡る、ばぁば4人旅。 以前、ご主人の転勤により2年間帯広に住んだことのある友人Yさんからの誘いです。 千歳空港からはレンタカーを借りての自由気ままな旅。 帯広のビジネスホテルに2連泊、十勝川温泉宿に1泊、3泊4日の旅の始まりです。 第1日目、千歳空港に着いたのは1時半。 目的地の然別湖(…

続きを読む

松山の旅 ⑤

松山の旅も今日で終わりですが、朝から雨脚が強くなって来ました。 帰りの飛行機(16:40発)には、まだまだ余裕があります。 遅めの朝食を取り、再び道後温泉界隈を散策することにしました。 その前に「ふなや」さんのお庭を拝見! 夏目漱石や正岡子規、そして現皇太子両殿下も宿泊された、創業380年の老舗旅館。 手入れの行き…

続きを読む

松山の旅 ④

2日目の宿「ふなや」さんに着き、少々時間があったので、道後温泉界隈を散策することに。。 道後温泉と言えば「道後温泉本館」(共同浴場)です。 明治27年に建築された木造三層楼の風格ある建物で、別名「坊っちゃん湯」とも言われます。 休憩室は二階にあり、浴衣、お茶、お菓子が付いて600円。 道後温泉本館前にて。 ぶらぶら歩いていると、ちょっと珍しいお店があり、覗…

続きを読む

松山の旅 ③

美味しい朝食をいただき、旅2日目は「内子」散策に出かけます。 ホテルから「JR松山駅」まではバスで30分ほど。 そこから宇和島行きの列車に乗るのですが、ここでちょっとハプニング発生です! 私たちの勘違いか、乗車したのは「JR松山駅」行きではなく、「松山市駅」行きのバスに乗ってしまいました。 松山市駅とJR松山…

続きを読む

松山の旅 ②

宿泊棟と食事処とは別棟にあり、係の方がカート、或いはミニカ―で送迎して下さいます。 たった2~3分の距離ですが、辺りは民家すらありません。 旅の疲れを少しだけ部屋で癒し、身支度して食事に出かけます。 その前に、お部屋の中をご紹介しましょう。 手触りの良いテーブルと椅子。 シモンズのベッド 硬からず、柔らかからず、寝心地は最高~!♪ ソファの傍には砥部…

続きを読む

松山の旅 ①

親しくしているHさんと四国は松山へ2泊3日(5月13日~15日)の旅をして来ました。 Hさんとは毎月「つもり貯金」を積立していて、3年ぶりの旅行となりました。 3年前は韓国へと。 往路は新幹線と瀬戸内海を走る鉄道を乗り継いでの長旅です。 朝7時に家を出、松山駅に着いたのは2時半頃。 前もって連絡しておいた伊予市在住の同窓生「みかんさん」が駅まで出迎えてくれて、そこからは彼女…

続きを読む

城崎温泉

10月連休の2日間(12、13日)兵庫県豊岡市「城崎温泉」まで出かけました。 同行者は大阪に住む長男夫婦、お嫁さんのご両親、そして私たち夫婦の6人。 長男夫婦の誘いを受け、「それなら、ご両親もお誘いしよう・・・。」ということになり、気を良く了解していただき、今回の旅の始まりとなりました。 お嫁さんのご両親も岐阜県内にお住まいなので、私たちは早朝に自宅を出、お迎えにあがる。 長男夫…

続きを読む