ぎふ清流里山公園(旧 日本昭和村)へ②

今朝は、今季一番の涼しい朝を迎えました。 北海道では雪の便りも聞こえ、着々と季節が変わろうとしていますね。 今回も、9月16日(月)に訪ねた「ぎふ清流里山公園」の続きです。 蕎麦畑。半分ほど満開でした。 真っ白い花、清楚ですね。 新蕎麦が食べられるのは、もう少し先。 園内を走る電気バス 昭和村の時は、もう少し大きいものでした。 歩くと揺れる「つり橋」 下を覗…

続きを読む

美しい夕焼けが望めました♪

空は高く、空気も澄み、食欲も旺盛! 「天高く馬肥ゆる秋!」、 ことわざ通りの季節となりましたね。 昨夕(18:10分頃)、ウォーキングに出掛ける前、自宅近くから撮った夕焼けです。 前方に望むのは市内の安桜山(あざくらやま 標高152m) 昨日のこと・・・。 我が街の広報から「行方不明者を探しています。」とアナウンスが入りました。 行方不明者は女性で、前日から自宅を出…

続きを読む

うだつの上がる町「美濃市」

先週半ば、所用があり、隣町の 「うだつが上がる美濃市」 へ行くことに。 美濃市は我が家から車で15分。 先日訪ねた高山市の街並みも素敵だと思いますが、私には美濃市はそれ以上に素敵な所と決めています。 理由は観光地化されて無く、素朴な街だからです。 この街の特産「美濃和紙」はあまりにも有名で2014年には「日本の手漉(てすき)和紙技術」を無形文化遺産に登録されていますし、国の伝統的…

続きを読む

高山市上三之町をぶらり。。

ひだ清見ラベンダー園を後に、高山市上三之町を散策します。 市営駐車場に車を置いて食事処を探したのですが、飛騨牛を食べさせるお店は殆どが火曜定休。 何しろ暑い暑い! 早くしないと熱中症にかかりそう。 このようなオブジェのある通りを歩き、お蕎麦屋さんを探します。 やっと見つけた町の外れのお蕎麦屋(ながせ)さんに入り、冷やしおろし掛け蕎麦を注文します。 シンプルだけどコ…

続きを読む

ひだ清見ラベンダー園へ

蒸し暑いさ中、見ごろとなった「ひだ清見ラベンダー園(岐阜県高山市)」を訪ねることに。 行程は東海北陸自動車道を「清見IC」で降り、そこからは一般道を走り1時間20分ほどで到着です。 7月8(土)~9日(日)まではラベンダーフェアが開催されていたようですが、敢えてその日を外し昨日火曜日に。 ラベンダー園の横、「ウッドフォーラム飛騨」の駐車場に車を置いて、小高い丘を上がります。 約2…

続きを読む

春の小旅行 ③

ホテルをゆっくりチェックアウトし、2日目は蒲郡ラグーナテンボスへと向かいます。 ラグーナテンボスは三河湾に面する複合リゾート施設。 ラグナシア、ラグーナマリーナ、ラグーナフェスティバルマーケット、ラグーナの湯などの施設からなる。 キャッチフレーズは「夢」「あこがれ」「きらめくシーサイド」。 私たちが訪ねた日は平日でもあることから、園内はガラーンとしていました。 生憎、「ラグーナ…

続きを読む

春の小旅行 ②

今日は春の小旅行の続きです。 大樹寺を訪ねた後、JR岡崎駅までは路線バスで。そこから東海道本線の快速に乗りJR蒲郡駅まで。 私が前々から宿泊したかった蒲郡クラッシックホテルへはタクシー5分ほど。 他のホテルもネットで検索してみましたが、やはり歴史あるこのホテルがよさそうだと思い、みなさんに伺うと快く賛同してくれました。 午後6時からの食事ですが、かなりお腹が空いてました(笑)…

続きを読む

春の小旅行

名古屋地方気象台は東海地方が昨日(6月7日)梅雨入りしたとみられると発表しました。 気温はそれほど高くないのですが、蒸しっと感じますね。 良い塩梅で過ごせる梅雨ならいいなぁ、、と思います。。 5月31日(水)~6月1日(木)、20年来の友人たちと愛知県岡崎~蒲郡まで出かけて来ました。 第一目的は「蒲郡ラグーナテンボス(花巡り)」に行ってみたかったことなんですが、仲間の一人に岡崎通…

続きを読む

花フェスタ記念公園「春のバラまつり」(21017.5.27) ④

ここからは、ロイヤルローズガーデン、ホワイトローズガーデンなどの様子をご紹介します。 バラのテーマガーデンを最も美しく見渡せる展望デッキです。 通路「バラのベルベデーレ」 展望デッキ「バラのベルべデーレ」から写します。 改めて観ると、やっぱり広大な薔薇園ですね。 展望デッキから降りて、ロイヤルローズガーデンを観て歩きます。 日本の皇室や英国の王室を中心に、各…

続きを読む

花フェスタ記念公園「春のバラまつり」(2017・5・27) ②

ここからはターシャの庭~花のタワー辺りをご紹介します。 「ターシャの庭」・・・ボランティアグループの皆さんが、管理運営されています。 アメリカの人気絵本作家でガーデナーでもあったターシャ・テューダーさんに憧れて作った庭。 そんな彼女の愛する庭を和風に再現したものが、この「日本版ターシャの庭」です。 自然流でとても良いのですが、ここ数年、草花が生え放題。ワタシ的にはもう少し手入…

続きを読む

花フェスタ記念公園「春のバラまつり」(2017.5.27)

先週末の5月27日(土)、岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園バラ祭り」に行って来ました。 前日、前々日と雨続き。 爽やかに晴れたので、行くのならこの日しかない!ということで。。 9:00開園と思いきや、土日は8:00開園だそう。 急ぎましたよ(笑) 9時前には到着しましたが、すでに西ゲート近くの駐車場は満車。そこそこ近場に停めることが出来ました。 この花フェスタ記…

続きを読む

飛水峡

Kさんのお宅を後にし、飛騨川の岐阜県加茂郡白川町~七宗町に渡る約12kmの峡谷「飛水峡」へと向かいました。 長年の濁流により川の岩盤には、甌穴と呼ばれる円形状の穴が数多く見られます。 その甌穴群と飛騨川により深く削り取られた景観は、1961年「飛水峡の甌穴群」として国の天然記念物に指定されました。 飛騨川の中では最もダイナミックで神秘的な峡谷と言われています。 その景観をカ…

続きを読む

北の大地 北海道! ⑧ (紫竹ガーデン②)

ここからは、紫竹ガーデンの続きです。 睡蓮池 大きな木は「白樺」 少し暑いけど、木陰は爽やか~♪ 御年87歳の「紫竹昭葉」さん。 毎日の日課は広い庭を散策され、お客様とお喋りすることだそうです。 いつまでもお元気で! 3日目の旅も終了! この日の宿は「十勝川第一ホテル」…

続きを読む

北の大地 北海道!⑦ (紫竹ガーデン)

いよいよ最終目的地、「紫竹ガーデン」に向かいます。 「紫竹ガーデン」の広さは、およそ18,000坪。 この広大な敷地で約2,500種類以上の花々が季節ごとの美しさを見せてくれます。 ガーデンのオーナーは「紫竹昭葉(しちく あきよ)さん、87歳。 平成4年、紫竹さん63歳の時、帯広郊外の牧草地を購入し、フラワーガーデンを始める。 全国各地から観光客が増え、人気が人気を呼んで、…

続きを読む

北の大地 北海道! ⑤ (幸福駅)

今回、もう1ヶ所訪ねてみたかったところは「幸福駅」。 以前、帯広に滞在していた友人が快く案内してくれました。 「愛の国から幸福へ」で名を馳せた「幸福駅」 絶大な人気を誇り帯広を代表する観光スポットですが、建設からすでに57年が経ち、建物の耐震補強を行うことさえ困難なほど老朽化が進んでいました。 そこで、訪れる人の安全の確保と更なる魅力アップを図るため、平成25年11月16日、「古…

続きを読む

北の大地 北海道! ④ (富良野~幸福駅)

初めて見た「青い池」を堪能したあと、「とみたメロンハウス」~「幸福駅」を廻りました。 「とみたメロンハウスにて 友人の一人はメロンが気になるようです。 カットメロン 1切れ300円、メロン1玉3,000円以上!でした。 出始めはまだお高いようです。 レストランもありますが、混んでます。他を探すことに。。 実は…

続きを読む

北の大地 北海道!③ (青い池)

ここからは美瑛の「青い池」をご紹介します。 どれも同じような写真ですが、感動が大きかったので少し載せてみます。 青い池が出来た理由・・・ それは、昭和63年12月に十勝岳の噴火に伴い、火山災害から町を守るため、火山泥流を貯め施設としてコンクリートブロックのえん堤を建設しました。 工事は平成元年6月に着工され、同年の12月に完成しましたが、その結果えん堤に水が溜まり、青い池ができ…

続きを読む

北の大地、北海道!②

旅2日目、どうしても行きたかった美瑛「青い池」を目指します。 早めの朝食を取り、7時半ごろホテルを出ます。 多少ひんやりするものの、寒さはそれほど感じません。念のため、薄手のパーカーを手にして出かけます。 ホテルから約90k走った時点で、トイレ休憩することに。。 道の駅 「南ふらの」です。 90kも走ったとは思えないほど早く着いてしまいました。 ここは、日本で「道の駅…

続きを読む

北の大地 北海道!

6月16日(火)~19日(金)まで、北海道を旅しました。 行き先は富良野・美瑛・十勝を巡る、ばぁば4人旅。 以前、ご主人の転勤により2年間帯広に住んだことのある友人Yさんからの誘いです。 千歳空港からはレンタカーを借りての自由気ままな旅。 帯広のビジネスホテルに2連泊、十勝川温泉宿に1泊、3泊4日の旅の始まりです。 第1日目、千歳空港に着いたのは1時半。 目的地の然別湖(…

続きを読む

「花フェスタ記念公園」のバラ ④

ここからは「ロイヤルローズガーデン」 「モロッコローズガーデン」等をご紹介します。 [ロイヤルローズガーデン] 日本の皇室や英国の王室を中心に、各国のロイヤルファミリーにゆかりのあるバラを集めた庭園です。 ロイヤルプリンセス(フランス) 名誉殿堂入りしたクイーンエリザベス(アメ…

続きを読む

「花フェスタ記念公園」のバラ ③

ここからは「ホワイトローズガーデン」「イングリッシュガーデン」の画像を載せてみます。 その名にふさわしい気品高いバラが咲き誇っていました。 [ホワイトローズガーデン] [イングリッシュガーデン] 棚の上まで伸びているテイカズラ むせ返る様な香りです。 テイカズラをUPで写し…

続きを読む

「花フェスタ記念公園」のバラ ②

暑さの割りには湿度も少なく、木陰では爽やかな風に癒されます。 小高い所から写します。 2歳くらいの男の子、腕に哺乳瓶を抱えていました。 バラに囲まれて、フルートを吹く少年も楽しそう♪ バラのアーチ …

続きを読む

「花フェスタ記念公園」のバラ

岐阜地方の昨日は真夏日(30℃)になりましたが、思い立って岐阜県可児市の「花フェスタ記念公園」で開催されている20周年記念イベント「花フェスタ2015ぎふ~美し、美味し、バラの祭典」」に行って来ました。 我が家から一般道を通り、約35分ほどで着いてしまいました。(前回は道を間違えてしまったので40分掛かってしまいました!) 世界最大級と言われる7000種3万株のバラが、咲き誇っていま…

続きを読む

浜松の旅 ③

本日2回目の更新です。(パソコン、やり過ぎて疲れました!(笑)) ここからは大温室の写真を載せてみますね。 南仏を思わせるような館内。 胡蝶蘭・カラー・紫陽花などなど、素敵な花がいっぱい! ゼラニウムの花も満開です。 …

続きを読む

浜松の旅 ②

翌日は瀬戸港までホテルの送迎バスで送っていただき、そこからフラワーパーク港まで30分の周遊です。 瀬戸港にて遊覧船を待ちます。 案内人の誘導で乗船します。 浜名湖は静岡県西部に位置しており、南部は海(遠州灘)に通じている。 湖の面積としては日本で10番目の大きさとか。 舘山寺温泉 そろそろフラワーパーク港に着きます。 …

続きを読む

同窓会。

一昨日は大学時代の同窓会が名古屋のホテルであり、三次会までお付き合いしたので、昨日帰って来ました。 出席者は60名ほどで、全国各地、北海道~九州からも駆けつけられました。 前回は5年前に開催されたのですが、今回初めて参加された方も数名みえます。 名前と顔が一致せず、まさしく浦島太郎状態でした(笑) 同期の卒業者の中にはすで…

続きを読む

郡上八幡郡上八幡博覧館の「食品サンプル」

郡上八幡は「水」と「踊りの街」で有名ですが、「食品サンプル」の一大産地でもあり、全国シェア約6割を誇ると言われます。 その多くの工房では食品サンプル作り(レタスや野菜のてんぷらなど)の体験も出来ます。 博覧館では「福よせ雛」の展示と共に、美味しそうな「食品サンプル」も展示されていましたので載せてみますね。 あらら 大変!コーヒーがあかってます! 「あかる」とは、こちらの方言で…

続きを読む

古今伝授の里フィールドミュージアム (セツブンソウ)

郡上(ぐじょう)市 古今伝授の里フィールドミュージアム 篠脇山荘裏手に咲くセツブンソウを見て来ました。 このセツブンソウは2月21日ごろ開花したとFacebookで知り、ちょっと遅いかな?と思ったのですが、ちゃんと咲いててくれました。 篠脇山荘裏手と言ってもどこに咲いているのか見当もつかずウロウロしていたら、職員の方が親切に案内してくださいました。 5㎝ほどの丈の可愛い花で…

続きを読む

中山道太田宿 

ヒレンジャクを待っている間に写した中山道界隈の画像を載せてみますね。 「中山道太田宿」は江戸日本橋から京三条大橋までを結ぶ江戸時代の五街道の一つ「中山道」69次のうち江戸から数えて51番目の宿場町。 飛騨へ向かう「飛騨街道」、関・郡上へ向かう「関街道」への分岐点を持つ場所として、また、平行して木曽川が流れており、交通・物流の要衝として機能していました。 中山道会館前 こ…

続きを読む

ヒレンジャク(緋連雀)の到来。

隣町、美濃加茂市「太田宿 中山道会館」のシンボルツリー「エノキとヤドリギ」(市保存樹)に、遥かシベリアから「ヒレンジャク」が飛来しました。 中山道会館はイベントなどがあると時おり訪ねていたのですが、ヒレンジャクが来るとは今年初めて知りましたし、その名前すら初耳でした。 ならば、行かなくちゃ!っていうことで、行って来ました。 私が訪ねた日は北風が強く、とても寒い日。 そこそこ写…

続きを読む