愛媛県松山の旅 ④

3日目の朝はゆっくり起床。 外は雲行きが怪しく、ポツリポツリ雨が落ちて来ています。 旅最終の行程は「石手寺」巡りと「道後温泉本館」に浸かり、最終便のフライトまでのんびり過ごします。 もちろん、途中、喫茶店でのティータイムは欠かせません(笑) ホテルのレストランから松山城を写す。 まずは石手寺を訪ねます。 石手寺は四国八十八箇所霊場の第五十一番札所。 日本最古といわれ…

続きを読む

愛媛県松山の旅 ②

初日の最終行程は、友人の姪御さんが営む民宿へ高浜港(16:05分発)~中島へと、フェリーで1時間ほど乗船します。 高速艇もあるのですが、せっかくならゆったり行きましょう!と。。 フェリーから望む長閑な瀬戸内海を写してきましたので、ご覧ください。 瀬戸内海は美しい海と大小無数の島々によって構成され、織りなす見事な景観は日本を代表する景色の一つのようです。 高速艇が行きます。…

続きを読む

愛媛県松山の旅

9月27日(火)~29日(木)まで、愛媛県松山市を訪ねました。 同行者は私も含め5人。 その内のお一人が松山の出身です。 今回は、その友人の姪御さんが営む民宿と友人のご実家を訪ねる旅。 私の松山訪問は今回で5回目。 夫の退職記念にもここを訪ねたことがあり、「おかあさんコーラス全国大会」にも出場したこともあり、松山の想い出は感慨深いものがあります。 中部国際空港8時20分のフライ…

続きを読む

神戸の旅 ④

次に向かった先は「風見鶏の館」のお隣にある「萌黄の館」を見学します。 明治36年(1903)にアメリカ総領事 ハンター・シャープ氏の邸宅として建築されました。 木造2階建て、2つの異なった張り出し窓を始め、アラベスク風模様が施された階段、重厚なマントルピースなど、贅沢な意匠が随所に見られます。 その後、昭和19年(1944)に小林秀雄氏(元神戸電鉄社長)の住宅となる。 昭和55年(1…

続きを読む

神戸の旅 ③

神戸の旅2日目は、北野異人館へ行きます。 前日は洋・中華料理が主だったので、ホテルの朝食は全員和食を注文します。 京料理 「たん熊」の和定食 お粥・焼き魚・野菜煮付け・切り干し大根・ちりめん山椒など、品の良いお料理でした。 ホテルをゆっくり出発し、異人館まではやはりタクシーで。 季節の良い時なら徒歩15分ほどで行くことが出来るのですが、この日も暑くなりそうです。{%晴れwe…

続きを読む

神戸の旅

7月6日~7月7日まで、20年来の友人たち5人と神戸へ行って来ました。 海の無い県に住む私たち、誰からともなく「そうだ!神戸に行こう!」と、意見が一致(笑) お昼ごろに神戸に着くよう家を出ましたが、岐阜羽島までの新幹線乗り場までは友人のお嬢さんが送って下さり、本当に助かりました。 昼食を新神戸駅で摂り、宿泊するホテルで荷物を預かってもらい、まず向かった先はホテルからほど近い「神戸布…

続きを読む

秋旅 伊勢神宮詣で~鳥羽 ③

秋旅、最後の2日目は鳥羽水族館へ行きます。 水族館なんて何年ぶりでしょう! 子供たちの小さい頃に家族で出かけたきり、そう、30年は経っているでしょう。 鳥羽水族館は日本で最も大きな水族館。何だか面白そうです♪ 外観です。 中に入ってみましょう。 カラフルな熱帯魚の中をウミガメがゆったり泳いでいます。 大っきなヒトデ ここから下の2枚は、…

続きを読む

秋旅 伊勢神宮詣で~鳥羽 ②

再び1DAYチケットでバスに乗り、内宮へ向かいます。 参拝の前に腹ごしらえです! おはらい町にある、『すし久』さんで伊勢名物「手こね寿司」をいただくことに。 酢飯に甘醤油で漬け込んだ鰹が載せてあり、本当に美味しい。 伊勢神宮・内宮で栄える「おはらい町」。 宇治橋から五十鈴川に沿って続くおよそ800mの美しい石畳の通りには、特有の切り妻・入り母屋。妻入り様式の町が…

続きを読む

秋旅 伊勢神宮詣で~鳥羽

11月19日(水)~20日(木)、長年の友人と伊勢神宮を詣でました。 この友人とは昨年、春旅・秋旅の両方を行けたのですが、今年は秋旅のみになりました。 伊勢神宮はかれこれ5,6年前に行ったきり、私は4度目の訪問です。 今回も個人旅行、名古屋駅から近鉄特急で、宇治山田駅まで1時間半ほどで到着。 せっかくなら外宮・内宮も行こう!と、まずは外宮からお参りします。 神宮参拝は、…

続きを読む

関市文化協会視察研修旅行 ②

車窓から琵琶湖畔を眺めながら、滋賀県立近代美術館企画展示『遊亀と靫彦─師からのたまもの・受け継がれた美─』に向かいます。 1984年開館の美術館です。 小倉遊亀(おぐら ゆき) 明治28年(1895)~平成12年(2000) 明治28年滋賀県大津市に生れ、奈良女子高師を卒業後教鞭をとりながら両道を志、大正9年安田靫彦への入門を果たして、精進の結果日本を代表する日本画家へと…

続きを読む

関市文化協会視察研修旅行

11月7日(金)、関市文化協会主催の視察研修旅行に行って来ました。 文化協会に所属していれば誰でも参加することができるのですが、今回関女声からは3人の参加です。意外と少ない! この旅行は毎年あるのですが、いつも火曜日の練習と重なるため、ここ近年は行けませんでした。 行先は、「水生植物公園みずの森」と「滋賀県立近代美術館」の2ケ所。 観光バス3台で目的地に向かます。 親しくしてい…

続きを読む

蓼科の旅 ②

一日目の夜は大いに盛り上がり、途中で買い求めたナイアガラワインで乾杯! とても飲みやすく、お酒がすすみます。 運転手のY子さんはおつまみまで用意されていた♪ 話題はと言うと、もっぱら孫のこと。 孫のこととなると、みなさん顔がゆるみます。 私ははしゃぎすぎるとなかなか寝付けれず、午前1時過ぎまで目が冴…

続きを読む

蓼科の旅

先週火曜日~水曜日に掛け、友人3人と蓼科に行って来ました。 運転手さんは、蓼科には幾度も足を運んでるY子さん。もちろん今回の企画も彼女にお任せです。 昨日までは晴天続きの秋空だったのに、家を出る時から雲行きが怪しい。。 まっ、これはしょうがない! 途中、駒ヶ根SAや恵那SAで休憩を取り、諏訪SAまで中央道をひた走ります。その距離160キロ。 諏訪SAのスタバーでコーヒータイム。…

続きを読む

「虎渓山 永保寺」・「多治見修道院」・「オリベストリート」散策

関市女性連絡協議会の視察研修に行って来ました。 今年は陶器の街、多治見市にある「虎渓山 永保寺(こけいざん えいほうじ)」と、「修道院」「オリベストリート」。 関女声合唱団からは私も含めて11名の参加です。 「虎渓山 永保寺」は、鎌倉時代(1313年)に開創された、小高い虎渓山に佇む禅寺。 正式名称は『臨済宗南禅寺派 虎渓山永保寺』 「虎渓」の名前の由来は、夢窓疎石がこ…

続きを読む

台風とともにお上りさん! 雨のち晴れ。

10月6日(月)、朝起きてみると雨はまだザーザー降っています。 ニュースでは外出禁止令まで出ています。 困りましたね~! 今日は、合羽橋まで出かけて、キッチンツールを買いに行く予定だったんです。 料理好きな私たちのたっての希望でしたから。。 ホテル30階の部屋から写します。 遅がけの朝食を取ります。 バイキングでは無くて、フレンチレストラン「レ セゾン」にて、ア…

続きを読む

台風とともにお上りさん! 「歌舞伎鑑賞」

雨が激しく打ちつける中、代官山を後にし、ホテルへ戻って来ました。 友人のパンツルックの後ろは、ビチャビチャ! もちろん私も! タオルで拭いて、夜の部 4時半開演の新橋演舞場 四代目 市川猿之助奮闘連続公演「十月花形歌舞伎」に急がなくてはなりません。 演舞場にほど近いホテルを予約してたのですが、タクシーで会場まで駆けつけました。 早くも観客の方が大勢並んでいます。 私たちは幕間でい…

続きを読む

台風とともにお上りさん!

2ヶ月以上も前から計画してきた、友人との東京旅。 10月5日(日)からの一泊旅です。 行き当たりばったりではなく、ある程度目的を持っての二日間にする予定でした。 それが、どうなんでしょう! 初日当日から台風18号がやって来ています。 こんな筈では無かったのに~!と、お互いにため息が出てしまいます。 3年前にも、京都美術館巡りをこの友人と旅する予定が、台風の為にキャンセルしたこ…

続きを読む

飛騨高山「上三之町」を散策~♪

上三之町散策は、あやちゃんをベビーカーに乗せて回ります。 「アア~、ウウ~。。。」と、終始ご機嫌♪ 今のベビーカーって、とても軽く出来ていて、乗り心地がよさそう。 昔は、こんなの無かったなぁ。。 一際目を惹く「中橋」。 下は宮川が流れています。 屋台のみたらし団子屋さん ここのお団子は小粒のしょうゆ味です。 鍛冶橋から写す。 右手には、毎…

続きを読む

神戸有馬は雨でした。

ゴージャスな「エクシブ有馬離宮」のお誘いを受け、友人3人と行って来ました。 いつも我が庭のようにスイスイと走られる友人の運転で、東海北陸自動車道~名神高速をまっしぐら!神戸まで。 道中、土砂降りになったり、止んだりのお天気でしたが、今回はホテルに泊まって温泉に浸かるのが目的なので、雨は関係ないかもです。。 ホテル内をご覧ください。 ホテル中庭から写す。 私たちのお部…

続きを読む

北海道ガーデン街道 (2013・7.25~7.27) ⑧

旅3日目、「北海道ガーデン街道」の旅も最後です。 前日は、十勝川温泉(モール温泉)に浸かり、疲れを癒しました。 モール温泉は、石鹸のようなつるつる感があり、湿原(モール)のイメージと結びつき、北国らしい希少な温泉資源として平成16年度にモール温泉「十勝川温泉」が北海道遺産として選定された。 最初に訪れたのは「紫竹ガーデン」。 オーナーの紫竹昭葉さん(86歳)が平成元年、帯…

続きを読む

北海道ガーデン街道(2013.7.25~7.27) ⑦

旅2日目、最後は「真鍋庭園」を訪れました。 このガーデンは、個人の樹木生産者が運営している「植物のモデルルーム」です。 開墾からまだ百数十年しか経たない真鍋庭園は、日本初の「ユニファーガーデン」。 ユニファーガーデンとは、針葉樹を中心とした庭のことです。 その広さは、24000坪。 日本庭園、西洋庭園、風景式庭園で構成され、回遊しながら庭を楽しむことができます。 真鍋庭園のツ…

続きを読む

北海道ガーデン街道(2013.7.25~7.27) ⑥

旅2日目のガーデン巡りの続きです。 前ページの「十勝千年の森」では小雨でしたが、お天気も持ち直してきました。 ここからは、「十勝ヒルズ」の画像をお届けします。 園内では、約1,000種の草花や樹木が季節とともに咲き誇り、来園者を楽しませてくれます。 ショップでは十勝産の「白花豆…

続きを読む

北海道ガーデン街道(2013.7・25~7.27) ⑤

「風のガーデン」を楽しんだあと、次の目的地、「十勝千年の森」へ向かいます。 旅2日目で初めて傘を必要としました。 それでも降ったり止んだりの小雨です。 「1000年後の人々に森を残そう!」、という思いを込めて造られた敷地は約400ha、東京ドーム85個分に相当する広さ。 「大地」「森」「野の花」「農」をテーマに自然と調和した庭は、点在するアート作品を楽しむことができます。 …

続きを読む

北海道ガーデン街道 (2013.7.25~7.27) ④

行程2日目、ファーム富田」の次に訪ねた所は、富良野にある「風のガーデン」です。 ここは、TVドラマ倉本聰脚本の「風のガーデン」の舞台となった庭。 主題歌は平原綾香さんが歌う、ショパンの「ノクターン」だったような気がします。 白い壁の「グリーンハウス」 室内はドラマのセットが再現され、 見学することができます。 花々は365品種、およそ2万株。 宿根草が…

続きを読む

北海道ガーデン街道 (2013.7.25~7.27) ③

ここからは「ファーム富田」の景色をお届けします。 ラベンダーが満開!♪ その数5万本とか。。 辺り一面、芳香を放っています。 このお花はサルビア 前方は、2000m級の十勝岳連峰 花畑を手入れされてる職員の方 色鮮やかなマリーゴールドなど、夏のお花が咲き誇っています テラスでラベンダーア…

続きを読む

北海道ガーデン街道(2013.7.25~7.27) ②

旅の2日目は、美瑛の「新栄の丘」、「ファーム富田」、「風のガーデン」、「十勝千年の森」、真鍋庭園」、「十勝ヒルズ」を巡ります。 少しずつUPしますので、どうぞご覧ください。 宿泊先の美瑛白金温泉から「新栄の丘」までは、バスで30分ほど。 青空も覗き、お天気は良好です♪ 黄色い花はひまわり 全開になるのは、もう少し先のようです。 緑と小麦畑が合いなって。。 …

続きを読む

北海道ガーデン街道(2013.7.25~7.27)

前々から行きたかった「北海道ガーデン街道」ツアー。 本当は昨年の今頃を予定してたのですが、叔母(すでに故人)の病気のため今年に延期となり、花好きな友人と訪ねてみました。 北海道ガーデン街道とは、北海道の代表的な美しい7つのガーデンが集中している、旭川~富良野~十勝を南北に結ぶ全長約200kmの街道のこと。 行程一日目は中部国際空港11:10発~千歳12:55着まで飛行機でひ…

続きを読む

しばらく留守にします。

明日から友人と「北海道ガーデンツアー」に出かけてきます。 行程3日間、すべて花巡りの旅です。 ただ、現地のお天気があまり。 私はまず晴れ女なのに。。 荷物も詰め、準備完了! キャリーバッグを出して来たら、すかさずミーコに入られました それでは、行…

続きを読む

煌きの函館・小樽・札幌 ③

旅の最終日は旭川市「旭山動物園」を見学します。 旭川市に入ると積雪も多く、歩道も凍っています。 バスの中で「アイス スパイク」という靴に着装する器具を買い求め、雪道に備えました。 これで大丈夫!転倒は免れそうです。 旭山動物園は近年人気のある動物園ですが、私たちが訪ねた日はそれほど混雑もなく入園できました。 ここの魅力はペンギンとアザラシの回遊が間近で見られることでしょ…

続きを読む

煌きの函館・小樽・札幌 ②

旅の2日目は函館~小樽~札幌の行程です。 函館朝市をちょっと覗き、小樽・札幌の夜景を楽しみます。 途中洞爺湖畔で昼食をいただき湖の景色を眺めるのですが、風雨が強くなり写真は撮れず仕舞いでした。  ”噴火湾ホタテ御膳” ホタテ稚貝のお味噌汁、とても美味しくいただきました。 次の目的地「小樽」へ到着した時間は昨日と同じ4時近く。 こちら岐阜の日没とは…

続きを読む