第45回 中濃合唱祭 終わる

昨日、2月16日(日)、うだつの上がる町「美濃市」の文化会館にて、中濃合唱祭(高校生から一般まで23団体 総勢500名)が開催されました。 わが関女声合唱団の出番は午後2部の4番目の出演です。 それでも衣装替え、リハーサルがあるので家を少し早めに出ました。 雪こそ降りませんでしたが、雨脚がかなり強く、少し大変でした。 演奏曲目は「川」(詩/千家 元麿 曲/橋本 国彦)と「愛燦燦」(詩…

続きを読む

春を感じて。。

昨日 2月10日は上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、各地で氷点下の冷え込みとなり、岐阜市では初雪を観測しました。 最低気温も-2.2℃でしたが、85年ぶりの最も遅い初雪だったそうです。 幸い積もるまでには及びませんでしたが、とても寒い1日でした。 今日は打って変わって春を感じる暖かさ。 所用を済ませた後「ぎふ清流 里山公園」で、菜の花畑の写真を撮ってきました。 入場門を入ると「…

続きを読む

節分

今日 2月3日は、節分の日ですね。 由来は、本来は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日のことを「節分」と呼んでいました。 節分は、名前の通り「季節を分ける」ということを意味している言葉。 立春・立夏・立秋・立冬は季節の始まりの日であるため、それぞれの前日は季節の変わり目にあたり、それが節分だったのだそうです。 最も寒いのは「節分」「立春」の時期です。 これが過ぎると、春もすぐそこ…

続きを読む

春まっしぐら?

今季の冬は本当に暖かいですね。昨日の岐阜地方は最高気温が16.3℃でした。 今日は薄曇りで少し寒かったのですが、10℃超え。それでも暖か。。 私の方では、普通でしたら一度や二度は積雪があるのですが、今の所全く降りません。 年明けにスノータイヤに交換しましたが、それも出番は無いようです。 ただ、二度ほどメダカの水盤に氷が張るのを見かけました。 三寒四温を繰り返しながら、春はやって来る…

続きを読む

酒蔵まつりへ。。

今年も岐阜県加茂郡中川辺(なかかわべ)にある「白扇酒造」さんから、冬の「酒蔵まつり」の案内状を頂き、日本酒愛飲家の夫と昨日行って来ました。 我が家からは、車で30分ほどの近場です。 川辺町は人口1万人ほどの小さな田舎町。それなのに人や車の往来が列を成しています。 住んでいる人の数よりも多いのではないか?と錯覚しそうです(笑) 駐車場の心配もしましたが、社員の誘導の元、無事停めることが出来…

続きを読む

訃報が飛び込む。。気を取り直して。。

楽しいお正月は過ぎてしまいましたが、年末から年明けにかけて訃報が2件飛び込んできました。 一人は夫の遠縁に当たる高齢の男性(85歳)がお餅をのどに詰まらせて、帰らぬ人に。。 日頃から、お餅好きだったようです。 もう一人は私の叔母(故人)の旦那様。やはり高齢(88歳)で、1年前から病に伏して。。 この方はいつも気丈で凛としてて、晩年は毎朝ウォーキングを欠かさず、畑で農作物を作り卓球に勤…

続きを読む

コーラス歌始め&新年会

1月8日(水)、今年初めてのコーラスの練習が再開しました。 2月16日(日)の中濃合唱祭で演奏する曲「川」と美空ひばりさんの「愛燦燦」を重点的にやっています。 それに加えて平原綾香さんの「jupiter」も練習が始まりました。 ソプラノパートは極めて難しい旋律。 ピアニストの先生も「こりゃぁ難しいわ!」と、嘆いておられた。 私は家では練習しない人なのですが、この曲だけはピアノを弾き…

続きを読む

賑やかなお正月でした☆

ブログのお仲間のみな様、昨年はコメント、気持玉をたくさん頂き、ありがとうございました♪ 今日からまた、拙い記事を再開させていただきますので、よろしくお願いいたします。 おせち料理、作るには作りましたが、品数も少なく載せるほどでもありませんので省略です。 ここ近年、お取り寄せが中心となりました。 暮れに用意した花は正月花候ではなく、カスミソウとチューリップを春らしく投げ入れてみま…

続きを読む

新年のご挨拶

平成から令和に変わり、みな様、良き新年をお迎えのことと存じます。 我が家も孫家族がやって来て、賑やかなお正月を楽しんでいます。 昨年の日本は各地に自然災害を齎せ、まだまだ復興に満たない地域がたくさんあります。 今年はそのようなことが無いよう、長閑で平和な年であるよう願いたい所存です。 まずはご挨拶まで。。

続きを読む

一年間、ありがとうございました!

皆様には今年一年、楽しくお話させていただき、本当にありがとうございました 少し早いのですが、今日の記事を持ちまして、ひとまずブログをお休みしたいと思います。 年が明けましたら、またお付き合いくださいませ! 皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいね! 妻籠宿で咲いていた綺麗な薔薇です。

続きを読む

年の瀬

年の瀬も押し迫って来ましたね。 この前お正月を済ませたばかりなのに、、と思ってしまうほど月日の経つのは早いものです。 我が家は近年、大掃除ならぬ「小掃除」だけで済ませてしまいます。 一気にやるのではなく、ちょこちょこと。 リビングのガラス拭き、シンク回り、冷蔵庫は大体片付きましたが、気になるところはまだまだあります。 それは、目を瞑ることにいたしましょう(笑) 後悔してること…そ…

続きを読む

小原の四季桜

先週半ば、朝の気温は4℃と冷え込みましたが、お天気は快晴。 前日の地方版に「小原の四季桜が満開!」と写真が掲載されていたので、早速行くことに。。 所在地は、愛知県豊田市小原(旧小原(おばら)村)。 ここの四季桜のことは前々から知っていたのですが、行くのは初めてです。 夫がネット検索して行き方を調べます。 東海環状道路で行くのが最短のよう。近場のインターからひた走り、1時間半ほどで到…

続きを読む

木曽路「妻籠宿」を訪ねて。。③

のんびり歩いていると、少しお腹が空いてきました。 長野と言えば、やはりお蕎麦ですね。 行き当たりばったりですが「藤乙(ふじおと)」という蕎麦処に入りました。 蕎麦処 藤乙 私たちは温かい「掛けそば」と「五平餅」を注文することに。。 特に美味しかったのは「五平餅」でした。 クルミ味噌の甘たれがなんとも絶妙なお味です。 お腹が満たされたところで、枡形(ますがた)近辺まで…

続きを読む

木曽路「妻籠宿」を訪ねて。。②

妻籠宿の街並みは約1kmほど。 そぞろ歩くには程よい距離です。 前日、就寝する前に写真愛好家の友人から「妻籠宿に行くなら、ぜひ「脇本陣奥谷」を訪ねると良いよ!素敵な光景が見られるから。。」とラインが入り、早速行ってみました。 脇本陣奥谷(わきほんじん おくや)は代々脇本陣・問屋を勤めた家で、現在の建物は明治10年にそれまで禁制であった桧をふんだんに使い建てられました。 現在は…

続きを読む

木曽路「妻籠宿」を訪ねて。。

20年来の友人たち5人と長野県南木曽(なぎそ)町の「妻籠宿(つまごじゅく)」を訪ねました。 10月末にこの話がまとまり、早速ホテルを予約することになったのですが、この時期はまさに行楽シーズンで、どこの旅行会社も満員! たった2部屋だけ空いていた宿をJTBで予約することが出来ました。 それぞれ路線が違う人との旅なので、待ち合わせは名古屋駅近くの「ナナちゃん人形」前と「高島屋の金時計」前。…

続きを読む

第64回 関市文化祭「洋楽祭」が終わりました。

昨日、11月17日(日曜日)、第64回関市文化祭「洋楽祭」が関市文化会館大ホールで開催されました。 前日の土曜日には2時間ものリハーサル。 そして昨日の本番と!ちょっと疲れてしまいましたが、何とか歌い上げることが出来ました♪ 1200席ある大ホールは、例年よりも席が埋まってたようですが、それでもまだまだ宣伝効果が行き届いてないように思いました。 今年の参加団体は私たち「関女声合唱…

続きを読む

同窓会

天皇ご即位パレードのあった今週日曜日、大学同期生の同窓会に名古屋駅近くのホテルまで出席してきました。 同窓会はもう何度も開催されてますが、私は全て出席しています。 中には一度も来ない人もみえますが、理由はいろいろあると思います。 こういう会に興味のない人、親さんの介護に明け暮れている人も居るのでしょう。。 みな、胸には旧姓(改姓)を書いたネームプレートを付けてるのですが、名前と顔が一…

続きを読む

第42回 岐阜県女声コーラス連盟合唱祭 終わる

11月4日(月)、第42回 県女声コーラス連盟合唱祭が終わりました。 会場は岐阜市西部のサラマンカホールです。 この合唱祭は毎年ここで開催され、今回も47団体の歌声がホールいっぱいに響き渡りました。 わが関女声合唱団は午後からの36番目。 演奏した曲目は「浜辺の歌」と「川」です。 「浜辺の歌」は詩が林 古渓。  曲があの有名な「成田 為三」。 成田為三は「カナリア」も作曲し…

続きを読む

中池公園を散策、そしてコンサート

日に日に秋が深まる中、我が家からほど近い「中池公園」を散策してみました。 中池公園には、ここ2年ほどご無沙汰しています。 まずは中池周りを散策することに。 コブハクチョウが二羽、優らしく泳いでします。 以前は12羽ほど居たのですが、亡くなったのでしょうか。。 餌やりの方がパンや野菜くずを持って来られました。 この時期渡って来た鴨たちも、我先にと近寄って行きます。 ど…

続きを読む

秋が深まります。。

台風19号が過ぎ去っていったものの、スッキリとは晴れ間が望めないこの頃です。 昨日から降っている雨も未だ止まず。。 それでも秋は深まっていきます。 蕾が膨らんだと思いきや!何匹かの毛虫に食いやられてたタイワンホトトギス。 その心配をよそに、たくさん咲いてくれました。 白花ホトトギス、キバナホトトギスなんかも育ててみたいな。。 6年ほど前、友人から鉢植えのシュウメイギク…

続きを読む