今年一番の暑さとなりました。

今日の岐阜地方は最高気温29℃。今年一番の暑さとか。 でも、蒸し暑さは無いので救われますね。 晴天が続く中、庭の花々が次から次へと咲き誇り、ジャングルのようにもなって来ました(笑) 少しだけUPしてみます。 生い茂る「桜空木(サクラウツギ)」 花が済んだら刈り込みましょう。。 桜空木をUPで写します。 桜色が可愛いですね。 …

続きを読む

昨日は「母の日」。

岐阜地方、今日は心地よい爽やかな一日でした。 我が家では空気清浄機を年中点けているのですが、冬の間は湿度目盛りが30%以下を指しています。 反して、この時季は70%近くまであります。 梅雨の間はもっと上がるんでしょうね。。 昨日は「母の日」。 先週末、お嫁さんからカーネーションのプレゼントを贈ってもらいました。 以前はスカーフであったりパジャマであったり色々でしたが、…

続きを読む

寂しいGWでした!

岐阜地方、今日は肌寒い一日でした。 ブログは久々の更新です。 GWも終わり、5月も中旬を迎えようとしています。 我が家のGWはと申しますと、あやと長男が風邪をひいてしまい来れなくなってしまいました。 あやは4月末から夕方になると発熱。時には40℃もに上がったとか。 長男は身体がだるくて、3日間ほど寝込んだそうです。 じぃじばぁば、期待に胸を膨らませていたのですが、病気なら致し…

続きを読む

しゃくなげ園へ ②

ここからはシャクナゲの数々を載せてみます。 ここで気になるのは、日本シャクナゲと西洋シャクナゲの違いです。 日本シャクナゲ…花はあまり華美では無く、葉の形はスーッと長く、裏が毛羽立っているのが特徴。 西洋シャクナゲ…花色や花形、葉の形が多岐にわたり、非常に豪華な花を咲かせ、葉の裏がツルツルしているのが特徴。 栽培しているAさんが教えてくださいましたが、ちょっと見ただけでは私…

続きを読む

しゃくなげ園へ

先週末、岐阜県美濃加茂市 三和町の見ごろとなった「しゃくなげ園」を訪ねました。 その数、何と!1400本。 ピンクや深紅、白、黄色などの大輪が次々と開花し、新緑の風景を華やかに彩っています。 このシャクナゲを育てている方はAさん(78歳 男性)。18年前に山裾の竹やぶを切り開き整備。 全国各地から和洋のシャクナゲを地植えや鉢植えで育て、毎年150本ほどを接ぎ木して増やしているとか。 …

続きを読む

食事会と源氏物語を読む会

昔、手編み教室でご一緒した仲間3人で食事会、題して「金妻会」を先週金曜日に一年ぶりに行いました。 この金妻会は、4ヶ月に1度の割合でやる予定なのですが、なかなか3人の折り合いがつかず、今回やっと実現できたという訳です。 食事処は市内の「割烹 まつ前」。 玄関先に置かれたつくばい お座敷横の坪庭 日本料理の名店で腕を磨いた店主が、自らの地元関市に開いたお店。 …

続きを読む

庭の花たち

今日は冷たい空気が降りて来てるせいか、少し肌寒い日となりました。 暖かかったり寒かったり、天候が不順ですね。 庭の中を賑わせている花たちを載せてみます。 薄紅色のハナミズキ 6年前、結婚40年を記念して植えました。 その時は小さな苗でしたが、私の背をとっくに追い抜いて大きく成長しています。 この花が咲くと、一青窈さんの「ハナミズキ」をつい口ずさんでしまいます。 …

続きを読む

木の芽料理

今年も裏庭の山椒の若葉が芽吹き初めました。 我が家のは、実山椒ではなく花山椒です。 日高昆布と先日道の駅「平成」で買い求めた乾燥椎茸で佃煮を作りました。 この乾燥椎茸、とても肉厚です。 醤油・日本酒・味醂を入れ弱火でゆっくり炊きました。 仕上がりの少し前に山椒(花も)を細かくちぎり、入れました。 我が家は、こういう佃煮類が大好きなんですよ。 山椒の葉…

続きを読む

最後の桜

今年のソメイヨシノは、開花宣言から随分長く楽しめました。 4月12日(水)、わが街関市、道の駅「平成」へ、乾燥椎茸を買い求めに行って来ました。 平成地区は椎茸栽培と柚子の産地で有名なところです。 この乾燥椎茸(170g)、市価より30%ほどお安く2,000円です。それに肉厚ですし。 乾燥椎茸は色々な料理に使います。 野菜の煮しめ、散らし寿司、そして今の時期山椒が芽吹…

続きを読む

今年も「淡墨桜」に逢って来ました~♪

一昨日(4月13日)の寒い朝、岐阜県本巣市根尾谷の「淡墨桜」に逢いに行って来ました。 ここも毎年恒例となっていて、淡墨桜を見ないことには春は始まらない気がします。 淡墨桜は樹齢1500余年のエドヒガンザクラ。 樹高16.3m、幹回り9.91m。枝張りは東西に26.90m、南北20.20m。国の天然記念物に指定されています。 幾多の枯死かけた困難を乗り越えた「淡墨桜」、昨年と比…

続きを読む

国宝「犬山城」 ②

さてさて、最上階の天守閣(4階)まで上りますが、何しろ人が多い! 急な階段も怖いような。。 「もし、ここで人が転んだら、将棋倒しになるだろうなぁ。。」などど思いつつ、手摺りにつかまりながら慎重にゆっくり進みます。 天守閣からの写真、ご覧ください。 天守閣は廻り縁(縁側)があり、ぐるりと周囲を歩くことが出来ます。 鉄門(本丸門) とうとうと流れる木曽川 往時の…

続きを読む

庭が華やいできました・・・そして、合唱団も新年度を迎えました。

国宝「犬山城」の途中ですが、我が家の庭が華やいできましたので、少しだけ花を載せてみますね。 昨秋、チューリップの変種を買い求め、花壇に植えました。 球根はわりにたくさん植えたつもりですが、花を付けたのはあまり多くありません。 やはり変種は健常じゃないような気がします。 それでも健気に咲いてくれています。 ブラケラベルシャンパール 幸せを呼ぶ「ハッピーピープル」 …

続きを読む

国宝「犬山城」

桜日和となった一昨日、愛知県犬山市にある国宝「犬山城」の桜を見に行って来ました。 訪れるのは何十年ぶりでしょうか。 ここも我が家から車で30分で行ける距離です。 国宝犬山城は「白帝城」とも言われます。 犬山城は織田信長の叔父織田信庫が天文6年(1537)に木之本城を移して築城したと伝えられています。 のちの江戸時代初期に掛けて城主はめまぐるしく入れ替わります。 元和3年(16…

続きを読む

鳩吹山のカタクリ群生地へ

岐阜地方の昨日は気温が20℃まで上昇し、ポカポカ陽気となりました。 毎年恒例、岐阜県可児市の鳩吹山(標高313m)山麓に咲くカタクリ群生地を訪ねました。 毎日HPを眺めつつ、行くのなら今日しかない!ということで。。 開花しているのは約80%といったところでしょうか。 駐車場に車を停め、10分ほど歩きます。 鳩吹山は気軽に登山を楽しめることもあり、その多くの姿も見かけまし…

続きを読む

新車でドライブ~♪

昨日、新車に乗って郡上市「古今伝授の里 フィールドミュージアム」までドライブして来ました。 それまで乗ってた車は、もう16年乗り尽くしてたポンコツ車ヴィッツ。 でも、何の故障も無く走り続けてくれました。走行距離は9万キロ。 いい加減に変えなきゃいかんぞ~!と夫が言うもので、思い切りました。 私は車種への拘りは全く無い人。乗れればいいや!って感じ(笑) 全て夫が采配してくれ、30…

続きを読む

吊るし雛、和傘に吊るしました。

今日は春分!とても暖かな日和となり、岐阜地方は18.8℃まで上りました。 これだけ暖かいと、桜の開花も早くなるのでしょうね。 でも、明日は雨で寒くなるそうです。 作り溜めていた吊るし雛をやっと和傘に吊るすことが出来ました。 春なので、それにふさわしい作品を吊るしてみました。 紐の数は12本。1本の紐に3個ずつ吊るすので、合計36個の吊るし雛が出来上がりま…

続きを読む

再び中池公園へ。。

先週明けの午後、再び中池公園にウォーキングを兼ねて、カワセミを見に出かけることに。 先日の土管に再び姿を見せてくれるのではないかな?と期待して 池の周りには、カメラマンが5~6人、三脚を立てながら待ち構えています。 おそらく何時間も待ってみえるのでしょう。 会話からの雰囲気で分かります。 私はそんなにゆっくりするつもりは無いので、15分ほども待…

続きを読む

今日は雛まつり。

まだまだ寒い日もありますが、3月の声を聞くと暖かさも感じるようになりましたね。 今日3月3日は女の子の節句、雛祭り。 昨年作ってそのままにしておいた吊るし雛を載せてみます。 50肩の痛みが少なかった時、頑張った作品です。 教室で習ったのは女の子だけ。男の子も作りお雛様に仕立てました。 左は風船、右にはぼんぼり、梅の花も飾りました。 男雛は「笏(しゃく)」を付け…

続きを読む

第10回 関文化のまつり 終わる。

2月26日(日)、関市文化協会主催による 「第10回 関文化のまつり」が無事終了しました。 役員は9:00集合のため、足早に家を出、関市文化会館まで車を走らせることに。 私は時間ギリギリに着いたため、他の役員さんたちは既にロビーに集まっていました。 挨拶を交わし、それぞれに別れ役割に着きます。 まずは会場小ホールの椅子並べです。 今回は壇上でのステージではなく、床に降り…

続きを読む

初めての病気

愛猫ミーコ、生まれて7年目にして初めて病気に罹ってしまいました。 思い起こせば先週木曜日頃、朝私が起きて来ると、いつもならすり寄って私のほっぺをスリスリ舐め舐めしてくるのですが、この日はソファの上でこちらをジーッと見てるだけ。 寒いし未だ眠いのかな?と気楽に考えていました。 何処と無く元気も無く。寝てばかり。 やたらにお尻辺りを気にし、ペロペロ舐めています。 あまりにもその…

続きを読む