訃報が飛び込む。。気を取り直して。。

楽しいお正月は過ぎてしまいましたが、年末から年明けにかけて訃報が2件飛び込んできました。 一人は夫の遠縁に当たる高齢の男性(85歳)がお餅をのどに詰まらせて、帰らぬ人に。。 日頃から、お餅好きだったようです。 もう一人は私の叔母(故人)の旦那様。やはり高齢(88歳)で、1年前から病に伏して。。 この方はいつも気丈で凛としてて、晩年は毎朝ウォーキングを欠かさず、畑で農作物を作り卓球に勤…

続きを読む